ー食器棚

Moissとは

Moiss(モイス)とは建物の内装に使われる建材の一種で、湿気やニオイを抑える特徴があります。この特徴を活かして食器棚等の家具に応用して使用されています。

特徴

1.最適な湿度を保ちます。
食器棚にはカップやお皿を収納するだけでなく、炊飯器や電気ポット、スチーム型レンジなどの電気調理器を設置したりすることができるオープン食器棚があります。
電気調理器から発生する水蒸気によって結露が発生し、それを放置してしまうと家具がべたつき傷むたけではなく、カビの原因にもなってしまいます。
そこで、蒸気が付着しやすいオープン部の上側に、Moiss(モイス)素材をつける事により、最適な湿度を保つ事で食器棚を水蒸気から守る役割があります。

1.生活臭を軽減させます。
Moiss(モイス)は、構成する成分がアルカリ性のため、弱酸性を好むカビに対しての抵抗力があり、繁殖を抑制することができます。また、生活臭(生ゴミ、タバコ等)の消臭能力にも優れています。
この特徴を活かして、シューズボックスの中にMoiss(モイス)取り付けた商品もありますよ。

Moiss(モイス)のお手入れ方法

・日常のお手入れは、乾いたきれいな柔らかい布で、からぶきしてください。
埃やゴミは、乾いたきれいな布で払い落としてください。
モイス表面に付着した汚れをそのままにしておくと、内部に染みこみ落ちにくくなるため、日常のお手入れを定期的に行うことをお勧めします。
ひどい汚れ、または落ちにくい汚れは、中性洗剤を薄めて固く絞った布で拭き取ってください。酸性・アルカリ性の洗剤、塩素系漂白剤、シンナー、金属タワシは使用しないでくださいね。
・ジュースや調味料
汚れが染みこむ前に、水を含ませたきれいな布、またはティッシュペーパーなどでできる限り早く拭き取ってください。汚れが気になる場合には、中性洗剤を用いた水につけ絞ってから汚れた部分を拭いた後、清水で固く絞ったきれいな布で表面に残った洗剤分を拭き取ってください。
・油汚れ
家庭用中性洗剤を10倍程度に薄めた液体を、スプレー容器に入れて直接吹きつけ、清潔な布を固く絞って拭き取ってください。
・浅い傷など
紙やすりなどで傷の周辺を一緒に研磨してください。

POINT!

カビを抑制
Moiss(モイス)自体はアルカリ質であるため、カビに抵抗力があり、カビの繁殖を抑制する効果もあります。
ホルムアルデヒド等の有害物質を吸着
シックハウスの原因として、カビや微生物以外に揮発性有機化合物(VOC)があります。Moiss(モイス)の成分である天然鉱物バーミキュライト(主に農業や園芸で土壌改良用の土として使われています)には化学吸着性能があり、ホルムアルデヒド等の有害物質(VOC)を吸着します。
主成分は地球に優しい天然素材
Moiss(モイス)の成分であるけい酸カルシウム水和物は、非常に水になじみやすく植物のけい酸補給に高い効果があります。またバーミキュライトは土壌の中で有機質肥料の保持剤となります。使用済みモイスを原料とした肥料は既に製品化され、多くの農地等で使用されています。
※バーミュキライトという天然の粘土鉱物は土壌の中で有機質肥料の保持材となり、風化してやがては土に還ります。

関連記事一覧